直線上に配置
バナー

 伝統的で、日本特有な佃煮は、古くは保存食として親しまれ、また、現在においては栄養豊かで健康的な加工食品として、親しまれています。
佃煮の名称の由来は、東京の中央区にある、佃の地名からきています。
水産物や、農産物、畜産物を原料に、保存性が高く、良く加熱されたものが多いので安心して食べられる食品として、食生活の中で、大事な役割を果たしています。
 弊社において、古くは、浦安のあさりを佃煮にしたり、東京湾でとれた、小魚を佃煮にしていました。現在、木更津でとれた生海苔だけが、江戸前の唯一の佃煮製品となってしまいました。とても残念なことです。
 今後も、こだわりのある水産物を加工し、おいしく、かつ安全な食品を作っていきたいと考えておりますので、どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。

フレーム はじめまして

20年来のお付き合いとなります「生協」さんをはじめ、商品の基準が高い自然食品問屋さんに収めさせていただいてます。どうか、ご安心してお楽しみください。

  (専務取締役)宮島一晃
フレーム 工場

〒343-0846
埼玉県越谷市登戸町41-23
TEL:048(988)3710
FAX:048(988)3764
フレーム 工場長

私が責任をもって、おつくりしています。

メール アイコンメール

直線上に配置